エアコンクリーニングは室外機の清掃も必要?

2022.02.10エアコンクリーニング

室外機の清掃

エアコン本体である室内機のクリーニングについては、実施したことがある方も多いと思います。

しかし、室外機に関してはいかがでしょうか?

「そういえばこれまで一度もクリーニングしたことがない…」という方も少なくありません。

本記事では、エアコンクリーニングは室外機の清掃も必要なのかという内容についてご紹介していきます。

 

室外機もクリーニングする必要がある?

室外機クリーニングの必要性

エアコン本体である室内機は、定期的なエアコンクリーニングが必要です。

一方エアコンの室外機に関しては、元々雨ざらしなどに耐えることができるよう設計されていることもあるため、基本的にはメンテナンスを行う必要はありません。

室内機のような季節ごとのお手入れは不要なのです。

「室外機が汚れていて、エアコンを使った際に空気が汚れてしまわないか心配…」という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、その心配は無用です。

室内機・室外機間で空気のやり取りというのは行われておらず、つながっている配管については冷媒ガスを室内機内の熱交換器に送り込むためのものなのです。

そのため、たとえ室外機にたくさん汚れが付いている場合でも影響は全くありません。

 

このような場合はクリーニングが必要!

ただ室外機周辺が以下のような状態の場合は、クリーニングを行う必要があります。

・室外機から異音がする

・室外機周辺にゴミが溜まっている

室外機からの異音は、室外機内部にゴミが詰まっている可能性が高いです。

また、室外機周辺にゴミが溜まってしまうと室外機が目詰まりを起こしてしまい、余計に電気代がかかったり、冷暖房効率が下がったりしてしまいます。

場合によっては、エアコン故障につながってしまうこともあるのです。

そのため衛生面に関してクリーニングを行う必要は無いのですが、エアコン寿命や電気代のことを考えると様子を見つつ、お手入れを行った方が良いということもあります。

 

室外機は自分でクリーニング可能?

自分でクリーニング可能か

上記でも少し触れたように、室外機から異音がしたり室外機周辺にゴミが溜まっていたりする場合はできる限り早めにクリーニングを行う方が良いでしょう。

室外機のクリーニングは、自分で行える範囲・内容もありますが、内部パーツを分解してのクリーニングはプロのクリーニング業者にしか行うことができません。

個人が無理やり分解しようとすると不具合が生じたり、故障につながってしまったりすることもあるのです。

自分でできる限りのクリーニングを行ったとしても、異音が止まらなかったり、室外機内部の奥に汚れが溜まっていたりする場合はプロの業者にクリーニングを依頼するようにしてください。

室外機内部まで自分で確認するというのは難しいため、室内機のエアコンクリーニングの依頼した際に室外機のクリーニングも依頼してしまうというのがおすすめなのです。

プロのエアコンクリーニング業者であれば知識・技術がともなっているほか、これまでの実績があるため手慣れており、室外機のクリーニングもスムーズに進めてもらうことができます。

クリーニングする時間・手間を大幅に省くことができるため、ぜひ自分でクリーニングをしようとするのではなく、プロの力を借りてみてください。

 

おわりに

本記事では、エアコンクリーニングは室外機の清掃も必要なのかという内容についてご紹介しました。

室外機についてはエアコン本体の室内機のように、定期的にクリーニングを行う必要はありません。

しかし室外機から異音がしたり、室外機周辺にゴミが溜まっていたりする場合は、最悪の場合エアコンの故障につながってしまうこともあるためクリーニングを行う必要があります。

室外機のクリーニングに関しては個人で行うことが難しいため、無理せずプロにクリーニングを依頼するようにしましょう。

今、最も勢いのあるお掃除屋さん【日本おそうじ代行】

The following two tabs change content below.

日本おそうじ代行編集部

日本おそうじ代行はハウスクリーニング全般のサービスを多数ご用意しています。 ハウスクリーニングやお掃除にまつわるあれこれのお役立ち情報をハウスクリーニングのプロとして発信します。

最新記事 by 日本おそうじ代行編集部 (全て見る)