【ハウスクリーニング業者】大手と個人の違いについて

2022.02.10ハウスクリーニング

ハウスクリーニングの大手と個人

ハウスクリーニング業者は大手と個人では、そのような要素が異なるのでしょうか?

本記事では、ハウスクリーニング業者の大手と個人の違いについてご紹介していきます。

 

大手ハウスクリーニング業者の特徴

大手のハウスクリーニング業者の特徴としては、ほかの事業をメインとしている大企業が運営していたり、全国的にフランチャイズ店を展開していたりということが挙げられます。

また、特定された県内全体をカバーすることができるハウスクリーニング業者も大手ハウスクリーニング業者に分類されるでしょう。

 

個人ハウスクリーニング業者の特徴

個人ハウスクリーニングの特徴

個人のハウスクリーニング業者は、従業員1人や2人ほどの人数で作業を行っていることが多いです。

クリーニング対応している範囲も、特定された県内・市内のみという傾向が強いです。

しかし個人業者だからと言って、使用する機材や洗剤が大手のものより劣っているということはありません。

 

大手ハウスクリーニング業者のメリット

大手ハウスクリーニング業者のメリットについて見ていきましょう。

 

スタッフ一人一人の技術力の差が小さい

大手ハウスクリーニング業者は、スタッフの社内研修に力を入れていることが多いです。

スタッフ数が多いほど、クリーニングの質に差ができてしまうものですが、あまりに差が開いていると会社の評判にも関わってきます。

そのため研修に力を入れ、スタッフそれぞれの技術力の差を小さくしようと努力している傾向にあるのです。

 

クリーニングの対応範囲が広め

大手ハウスクリーニング業者は、クリーニングの対応範囲が広めであることも特徴として挙げられます。

キッチン・浴室・トイレ・エアコン・床・ベランダといった、家全体のクリーニングを依頼することができるのです。

またクリーニングの種類のひとつであるエアコンクリーニングについても、お掃除付きエアコンも問題なく行うことができるなど、幅広くクリーニング対応してくれる傾向にあります。

 

保険加入済みであることが多い

ハウスクリーニング業者が専用の機械・洗剤などを用いてクリーニングを行っている最中に、家具や家電、床や壁などに傷をつけたり破損させたりしてしまうケースも少なくありません。

依頼主は損害を負うことになるため、業者に損害賠償を請求することになります。

この時、ハウスクリーニング業者が損害賠償保険に加入済みであれば、スムーズに保険金を弁済してくれるでしょう。

 

個人ハウスクリーニング業者のメリット

個人ハウスクリーニングのメリット

個人のハウスクリーニング業者に依頼するメリットを見ていきましょう。

 

フットワークは軽め

地域密着型で行う個人ハウスクリーニング業者はフットワークが軽い傾向にあり、さまざまなシーンで融通を利かせられる傾向にあります。

たとえば、営業時間を少し過ぎても作業を続けてくれる・メニューに無い範囲のクリーニングを行うなどが挙げられます。

ただこの要素は業者ごとに異なるため、「必ず融通を利かせてくれる」というわけではないことを覚えておきましょう。

 

クリーニング料金が安い傾向にある

個人ハウスクリーニング業者は、大手業者と比較するとクリーニング費用が安い傾向にあります。

広告費などに使われるコストを抑えることによって利益率を高めることが可能となり、比較的低価格でのサービス提供が実現できるのです。

「サービスの質が低いから安い」というわけではないので、注意が必要です。

 

おわりに

本記事では、ハウスクリーニング業者の大手と個人の違いについてご紹介しました。

個人業者ではできないことが大手業者では可能になったり、逆に大手業者ではできないことを個人業者では可能になったりと、両者それぞれメリットがあります。

自分の希望に当てはまる要素を考え、適したハウスクリーニング業者にクリーニング依頼をしてみてください。

今、最も勢いのあるお掃除屋さん【日本おそうじ代行】

The following two tabs change content below.

日本おそうじ代行編集部

日本おそうじ代行はハウスクリーニング全般のサービスを多数ご用意しています。 ハウスクリーニングやお掃除にまつわるあれこれのお役立ち情報をハウスクリーニングのプロとして発信します。

最新記事 by 日本おそうじ代行編集部 (全て見る)