窓クリーニングを業者に依頼するメリット

2021.02.24その他

窓クリーニング

お家の掃除の中でも、窓は外側に面しているため、汚れが溜まりやすくなっています。

また、なかなか普段の掃除では手を付けられていないことがあり、窓本来の透明感がなくなってきていることもあります。

そのようなときには窓クリーニングを業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

本記事では窓クリーニングを業者に依頼するメリットや作業内容をご紹介していきます。

 

窓クリーニングとは

窓クリーニングとは、業者に依頼してプロによって窓やサッシの掃除を行ってもらうサービスのことを言います。

窓クリーニングでは窓以外にもサッシや網戸もきれいにしてくれることがほとんどです。

窓ガラスの外側には砂やほこり、花粉などの汚れが溜まっており、内側には手垢などの汚れが付きやすくなっています。

普段の掃除の中で窓まで手を回している方は多くはないと思います。

外に触れている窓は長い期間、雨や風にさらされているため、汚れが蓄積されていっています。

このような汚れを長期間放置しておくと、汚れが取れにくくなったり、カビが発生する要因になったりすることがあります。

窓クリーニングを業者に依頼すると、プロが専用の道具や洗浄液を使用して短時間で窓ガラスやサッシ、網戸をきれいにしてくれます。

窓クリーニングは汚れが気になってきている方におすすめのサービスです。

 

業者に窓クリーニングを依頼するメリット

業者に依頼するメリット

業者に依頼するとプロが作業を行っていきますので、仕上がりがご自身でするのと大きく異なります。

汚れの溜まり具合もよりますが、お家の中から見える景色が見違える程です。

ご自身で行う掃除ではそこまできれいにはなりづらいので、業者に依頼するメリットの一つと言えるでしょう。

プロが作業を行いますので、使用する道具や洗剤も汚れによって様々です。

場所や汚れに合った道具・洗剤を使用するため、汚れがよく落ちます。

また、素人の方が作業をすると、窓をそのままの状態で掃除をしていくと思いますが、プロの場合は取り外せる部品は取り外した上、隅々まで汚れを逃さずにきれいにしてくれます。

自分では気づけなかった汚れも落としてくれるメリットがあります。

 

業者が行う窓クリーニングの作業内容

窓クリーニングの作業内容

業者が行う窓クリーニングの作業内容とはどのようなものでしょうか。

箇所ごとにご紹介していきます。

 

窓の状態によって作業内容は異なります。

汚れがひどくない場合は水洗いをしますが、汚れやカビがひどいときには薄めたアルカリ性洗剤を使用して汚れを落としていきます。

プロ専用の強力な洗剤を使用していくので、普段使用している洗剤では落ちなかった汚れも落とすことができます。

洗った後はマイクロファイバークロスやモップなどを使用して、ガラスを傷つけないように拭いたり、ワイパーで水を切って跡が残らないようにしたりして仕上げていきます。

 

サッシ

天井や床のレール部分もブラシでこすり洗いを行い、仕上げに空拭きします。

空拭きを行うことで、カビの発生を抑え、仕上がりがよくなります。

汚れによっては高圧洗浄を行うこともあります。

 

網戸

網戸は作業時には外して、水洗いを行っていきます。

ほこりなどの汚れがこびれつきやすい網戸ですが、ブラシでしっかりと落としてくれます。

 

オプション対応で行ってくれる作業内容

網戸の張替えやフィルムの貼り付けもお願いすることができます。

自分ですると「仕上がりが悪くなりそう」「劣化しやすそう」などと不安な方は窓クリーニングと併せて、業者に依頼してみましょう。

その他にも、水垢などの汚れが付き辛くするためのコーティングや、頑固な汚れや傷をきれいにする研磨といった作業も依頼することができます。

状態に合わせて窓クリーニング業者に依頼するようにしましょう。

 

おわりに

窓クリーニングを業者に依頼するメリットと作業内容についてご紹介してまいりました。

「そういえば窓の外側は掃除したことがない」「開閉がスムーズにできない」などといった方は窓クリーニングをご検討されてみてはいかがでしょうか。

お家の中から見える景色が見違えてスッキリするかもしれませんね。

今、最も勢いのあるお掃除屋さん【日本おそうじ代行】

The following two tabs change content below.

日本おそうじ代行編集部

日本おそうじ代行はハウスクリーニング全般のサービスを多数ご用意しています。 ハウスクリーニングやお掃除にまつわるあれこれのお役立ち情報をハウスクリーニングのプロとして発信します。

最新記事 by 日本おそうじ代行編集部 (全て見る)