キッチンの冷蔵庫の掃除方法

2022.07.25キッチンクリーニング

キッチンの冷蔵庫の掃除

キッチンの冷蔵庫は定期的に掃除を行っていますでしょうか?

本記事ではキッチンの冷蔵庫を掃除する必要性と、冷蔵庫掃除の方法についてご紹介していきます。

 

キッチンの冷蔵庫は掃除が必要?

冷蔵庫内にはカビが好むと言われている肉や魚の汁・野菜の水分・調味料から垂れてしまった汚れなどさまざまな汚れが溜まっています。

こういったことから冷蔵庫は汚れやすいとされており、それらの汚れを放置していると「知らぬ間にカビが生えてしまっていた…」ということにもなりかねません。

カビは冷蔵庫内の食材に悪影響を及ぼしてしまうとされており、衛生面から考えてもあまり良くありません。

庫内を拭き上げるなど冷蔵庫掃除を普段から行うようにし、できる限り綺麗に保っておくことが大切なのです。

 

普段からできる簡単な冷蔵庫掃除

簡単な冷蔵庫の掃除

食品を出したり、電源を切ったりする必要が無い「冷蔵庫の簡単掃除」の方法をご紹介します。

冷蔵庫内の食品数が少ない時や買い物に行く前に行うのが良いでしょう。

掃除手順は下記の通りです。

 

・冷蔵庫内の一箇所に食品を集める

・食品を置いていない棚・収納ポケットを取り外す

・除菌シートで庫内やパーツを拭き上げる

 

こちらの掃除方法は数分程度でサッと掃除を行いたい場合や、汚れが溜まってしまいやすい箇所のみを掃除したいという場合におすすめです。

一度に全部を行ってしまうのではなく、毎回場所を少しずつ変えながら何回かに分けて掃除を行うと、冷蔵庫全体を綺麗に保つことができるでしょう。

しかし冷蔵庫の電源を切っていないことから、長時間行っていると中の食品が傷んでしまうことがあるため注意が必要です。

 

冷蔵庫の念入り掃除

しっかりと丁寧に行う冷蔵庫の念入り掃除もご紹介します。

 

取り外し可能な部品の掃除

まず、桶に40~50℃ほどのお湯を溜めるようにし、キッチン用洗剤か酸素系漂白剤を表記通りに溶かしていきます。

この溶液にスポンジを浸して軽く絞り、取り外した冷蔵庫の部品を一つずつこすります。

こすった後は水を掛けながら、漂白剤・汚れを洗い流していきます。

残った水気を乾いた布巾で拭き取るようにし、乾燥を十分にさせたら完了です。

 

冷蔵庫内の掃除

まず布巾を漂白剤溶液に浸して軽く絞り、冷蔵庫内を拭き上げていきます。

もう一つ布巾を用意して水に浸し、軽く絞って漂白剤・汚れといったものを拭き取っていきます。

パッキン部分にカビが発生している場合には、カビ取り剤か塩素系漂白剤の原液を綿棒で塗り込み、10分程度放置しておきます。

時間が経った後に、カビ取り剤(塩素系漂白剤)を塗った部分を水拭きするようにすれば掃除は完了です。

 

冷蔵庫の外側掃除

冷蔵庫の外側のホコリを掃除機か化学モップで取り除きます。

布巾を水に浸して固く絞り、冷蔵庫の外側を拭いていきます。

頑固な汚れがある場合には、水に浸して固く絞った布巾に住居用洗剤をスプレーして拭き上げていきます。

拭き終わった後には、水に浸して固めに絞った布巾を使って洗剤や汚れを取り除いていきましょう。

最後に乾いた布巾で残った水気を拭き取って掃除は完了です。

 

プロによるキッチンクリーニングで冷蔵庫もまとめて綺麗にしよう!

キッチンクリーニングで冷蔵庫もまとめて綺麗に

冷蔵庫の掃除はどうしても後回しにしてしまいがちな箇所だと思います。

「長年溜まってしまった冷蔵庫の汚れを綺麗に取り除きたい…」という場合、プロのハウスクリーニング業者にクリーニングを依頼してみるという方法もおすすめです。

プロの業者の力を借りることで、冷蔵庫の内部・外部問わず隅々までピカピカに仕上げてもらうことができますよ。

 

おわりに

本記事ではキッチンの冷蔵庫を掃除する必要性と、冷蔵庫掃除の方法についてご紹介しました。

キッチンの冷蔵庫の汚れをそのまま放置してしまうと、悪臭・雑菌といったものが繁殖してしまいます。

定期的に掃除を行い、清潔な冷蔵庫を維持できるように努めましょう。

今、最も勢いのあるお掃除屋さん【日本おそうじ代行】

The following two tabs change content below.

日本おそうじ代行編集部

日本おそうじ代行はハウスクリーニング全般のサービスを多数ご用意しています。 ハウスクリーニングやお掃除にまつわるあれこれのお役立ち情報をハウスクリーニングのプロとして発信します。

最新記事 by 日本おそうじ代行編集部 (全て見る)